圏央道ってどう変わったの?

圏央道についていろいろ調べてまとめてみました。

更新日 2014年06月30日

本日 1pv

合計 1008pv



  出典 www.ktr.mlit.go.jp

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、都心から半径およそ40km~60kmの位置に計画された、延長約300kmの高規格幹線道路です。
 圏央道は、横浜、厚木、八王子、川越、つくば、成田、木更津などの都市を連絡し、東京湾アクアライン、東京外かく環状道路などと一体となって首都圏の広域的な幹線道路網を形成する首都圏3環状道路の、一番外側に位置する環状道路です。
 この圏央道は、首都圏の道路交通の円滑化、環境改善、沿線都市間の連絡強化、地域づくり支援、災害時の代替路としての機能など多くの役割を担います。

首都圏中央連絡自動車道(しゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどう)は、神奈川県横浜市金沢区から東京都・埼玉県・茨城県を経由し千葉県木更津市に至る、都心からおおむね半径40 - 60 kmの位置を環状に結ぶ高規格幹線道路(国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路))である。圏央道(けんおうどう)、圏央(けんおう)と略される。

  出典 Wikipedia
  

出典 Youtube

圏央道が一部開通 東名・中央・関越道が接続
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



    話題まとめHOT

    Quttoとは? ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


    Copyright(c)情報まとめサービス | Qutto(キュット) All Rights Reserved.