朝の健康習慣「朝ウォーキング」の驚くべき効果!

ウォーキングがカラダに良いとはよく聞きますが、一体どんなことにいいのでしょうか。朝ウォーキングは体内時計がリセットされたり、ダイエットにも効果があるようです。ジョギングはちょっときついので、まずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

更新日 2015年12月25日

本日 0pv

合計 943pv



  出典 cache3.asset-cache.net

ウォーキングをする人は4000万人ぐらいいるとも言われるほど、ポピュラーになったスポーツ、ウォーキング。ダイエットにも、体力アップにも効果的なのがウォーキングです。
理由は、正しいウォーキングなら有酸素運動となり、脂肪を燃焼させ、全身の血流を良くするからです。有酸素運動とは、脂肪がまだ血液の中にあって血管を通って全身を巡りながらどこにくっつこうか考えているときに、酸素が結合して燃焼させる現象のこと。

  出典 ウォーキングでダイエット!効果的に痩せる!!

ウォーキングでは、この有酸素運動がきちんとできないとあまりダイエットとしても効果的ではありません。でももし効果的に行うことが出来たら、ただ痩せるのではなく、ちゃんと筋肉もついた健康なスリムボディになるでしょう。
また通勤で、たった10分ほど意識して歩けば、ウォーキング・ダイエットになる歩き方もあります。道具がなくても毎日できる運動なので、メタボ予防に、またメタボ対策にも最適です。
シニアの方でも若い方でも、とても手軽にできるウォーキング・ダイエットで、ゆっくり効果的に、リバウンドせずに痩せること、体力を維持することを目指しましょう!

  出典 ウォーキングでダイエット!効果的に痩せる!!

  出典 swacmie.com

ウォーキングとは歩くことであり、健康増進のための身体にやさしい有酸素運動

  出典 【意外と知らない?】ウォーキングとジョギングとランニングの違いとは?

ウォーキングといっても、スピード・腕の振り・年令・性別・体重などによってカロリー消費はことなりますが、30分位のお買い物ゆっくりウォーキングでは35~50kcal、通勤ウォーキングでは50~75kcal、早足ウォーキングでは85~120kcalになります。

ジョギングとは無理のないスピードで走ることをいい、ウォーキングとランニングの中間の境界領域を指します。

  出典 【意外と知らない?】ウォーキングとジョギングとランニングの違いとは?

ウォーキングはどちらかの片足が必ず地面に接しているのに対して、
ジョギングは両足が一瞬でも地面から離れるという違いがあります。そのためにジョギングはウォーキングに比べ歩幅を広くとることができ、消費カロリーもアップします。その反面着地した時の身体(主に足腰)にかかる負荷もウォーキングよりジョギングの方が高くなり、ケガをすることもあります。

ウォーキングの延長線上にジョギングがあり、ジョギングの延長線上にランニングがあります。

  出典 【意外と知らない?】ウォーキングとジョギングとランニングの違いとは?

ゆっくり走ることをジョギングといい、ジョギングのスピードアップしたものがランニングとなります。ジョギングやランニングの場合、大まかな消費カロリーは、体重kg×距離km=消費カロリーkcalで計算できます。例えば体重70kgの方が3kmのジョギングをしたら、70×3=210kcalくらいになります。


  出典 dietbook.biz

自律神経を整える、汗をかき体温の調整機能を高める、血流をアップさせる

  出典 ここに注意!夏ウォーキングの楽しみ方 [ウォーキング] All About

夏バテ予防に効果も高い

朝ウォーキングは、体内時計がリセットされ、コンディションを整える効果もあります。

  出典 朝ウォーキングのススメと効果をあげるための「燃焼系朝食」と「おすすめレシピ」 | ウェルネスリンク - WellnessLINK

朝、光を浴びる時間が日の出の時間に近いほど、体内時計は正確に時を刻むと言われています。
そこで、「1日を快調にスタートできない」「体調を崩しやすい」という人には、早朝ウォーキングがおすすめなのです!

朝ウォーキングダイエットにおいては、継続的に毎日最低20分以上歩いて、脂肪燃焼とカロリー消費をすることが大切

  出典 朝ウォーキングダイエット

もちろん、ウォーキングをしたことに満足して、歩いて消費した以上に、食べまくってたらいつまで経っても痩せませんけどもね。

昼食後の暑い時間帯は避けたほうがいいかもしれませんね。できれば朝がいちばんいいでしょう。

  出典 食後ウォーキングで夏バテ予防 | 夏までに痩せる! | 特集 | Karada Manager

朝ウォーキングは代謝アップ効果が大きいので、体重を落としたい人にはおすすめ

  出典 1日20分のウォーキングで減量効果を出す3つのポイント | ウェルネスリンク - WellnessLINK

ウォーキング時間を設定したら、その少し前に、スクワットや腹筋、背筋運動など、簡単な筋トレを組み込んでみましょう。

•肩の力を抜く
•背筋を伸ばす
•バランス良く重心をかける(左右の足に均等に体重をのせる)
•視線はまっすぐ前に向ける
•軽くあごを引く

正しい姿勢が確認できたら、軽くつま先で蹴り出し、かかとから着地するようにして歩きます。

これはNG!
•あごが上がっている
•がに股や内股になっている
•視線が下に向いている
•腰が反りすぎる

運動の効果を高め、体に負担をかけないために、正しい姿勢を意識しながらウォーキングを行いましょう。

  出典 ウォーキング | 運動 | ダイエット方法 | ダイエットSlism

歩幅の目安は、ウォーキングでは「身長×0.45が目標の歩幅」と言われています。身長160cmの人なら72cmですね。
普段は身長×0.37くらいで歩いていると言われるので、意識して少し大股で歩く感じでしょうか。

脚の筋肉を意識して歩くと、よりウォーキングの効果がありダイエットにもいいそうです。
どの筋肉を使っているのか感じながらウォーキングしましょう。

  出典 ウォーキングでダイエットする、効果的な歩き方 -ウォーキングでダイエット!効果的に痩せる!!

  出典 www.kotoko-movie.com

運動中は、休憩や赤信号などで動きを止めたり、立ち止まらないようにしましょう。
赤信号や休憩は足踏みやストレッチなどを行い、動きを止めないことが大切です(もちろん無理はいけません。体に負担を感じたら、運動を中断しましょう)。

また、「早くやせたい」「運動の効率を高めたい」と誰もが思ってしまいますが、無理して歩く速度を上げても、脂肪燃焼の効率は高まりません。
ウォーキングは有酸素運動ですが、スピードを上げすぎて心拍数が高くなると、無酸素運動に近い状態になってしまいます。有酸素運動は脂肪を消費し、無酸素運動では主に糖質を消費します。
脂肪を効率良く燃焼させるには、呼吸が乱れない程度のペースで歩くと良いでしょう。

  出典 ウォーキング | 運動 | ダイエット方法 | ダイエットSlism

  出典 yaseruzo.net

医学的な効果をウォーキングでみてみると・・・。

血液の流れが良くなるってことが挙げられるよね!!
心臓へと、足先から戻る血液の流れってどうしても滞りがちでね(--〆)
だから、血行不良とか足がむくむなんてことも起こってくるね(*_*;
足の筋肉を動かすっていうウォーキングをすると・・・。
血行促進とかむくみの予防というのが期待できるわけだね(>_<)
足の筋肉の運動で、曲げ伸ばしをするというよいっていうのが、立ち仕事などをしてる人。
ウォーキングっていうのは効果が大きいんじゃないかな??
そして、効果のアップを期待するなら・・・ある程度の時間をかけるってことが大事だよね☆
でも、注意したいこととして、水分の補給っていうのがあるね!!
脂肪が燃焼されたり、血行が良くなるってことは、水分も使われてるわけで。
水分補給をするように心掛けよう~。
そして、長く続けるっていうのが大切だから、あくまで無理することないペースで行うようにしよう~。
出典
心臓とウォーキングの関係・・・。
◎ウォーキングの医学的治療効果

【高血圧】
歩くことで血圧を下げる働きのあるタウリンが血液中に増加

【動脈硬化】
悪玉コレステロール(LDL)を減らし、善玉(HDL)を増やす

【心臓病】
心臓の働きを助け、血管のつまりを防止、血液をさらさらにする、狭心症、心筋梗塞、など発生リスクを大幅に低下させる

【肝臓病】
肝機能を高める効果があり、脂肪肝の治療にも有効
ただし、肝炎などウィルス性のものには効果なし(疲労は禁物)

【糖尿病】
肥満を防止し、血糖を消費し、インスリンの分泌をうながす

【肥満、脂肪燃焼】
エアロビクス(有酸素運動)効果により脂肪を効率よく燃焼

【骨粗しょう症】
骨への重力負荷を与え、骨量を増やし、骨密度を高める
食事でカルシウム・マグネシウムを摂取、日光を浴びること

【腰痛】
弱った筋肉を補強し、骨格のゆがみを補正する効果
出典
ウォーキングの医学的治療効果 - 飛鳥田由理 [マイベストプロ神奈川]
【頭痛・肩こり】
全身の血液循環を促すことで酸素を円滑に供給、
たまった疲労物質の排出もスムーズに

【不眠症・ストレス】
ゆっくりめのウォーキングは脳内にアルファ波を起こし、リラックス状態に。ストレスへの抵抗力も高まる。

【自律神経失調症】
ウォーキングは自律神経の乱れを正しくバランスよくする

【ボケ】
ボケは足の筋肉の衰えと同時に進行する。
足の筋肉を使う事で、脳細胞の減少を防ぎ活性する効果

【更年期障害】
気分転換をうながし、イライラや気分の落ち込みを防止。
ホルモンバランスや自律機能の改善により、有効

  出典 ウォーキングの医学的治療効果 - 飛鳥田由理 [マイベストプロ神奈川]

 コメント

1.名前:Patch 投稿日:2016/08/23(火) 11:06:18
Ihana ja jotenkin niin suloinen tuo lekit¤-horÃtm. Itekin oon leimannu muutaman lehmän jossain tapaamisessa, mutta en ole vielä saanut aikaiseksi värittää niitä, mutta josko nyt kun löysin tällaisen innoittimen!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



話題まとめHOT

Quttoとは? ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサービス | Qutto(キュット) All Rights Reserved.