不貞妻の物語 3 雨宮真貴

この男はここで私が何をしていたか知っている…。私は逆らえなかった。
「覗きだ」と叫んだのは一瞬のごまかしだった…。この男が私のことをどう思っているのかはどうでもよかった。
でも彼は意外なほど従順だった。そう、夫よりも…。
初めてここへ来たのは濡れたストッキングをはきかえるため。
誰もいない倉庫で下着を脱ぎながら、もしかして誰かに見られているかもしれない、私の裸を誰かに覗き見されているかもしれない…。
そう思うとなぜか興奮して我慢できなくなって…オナニーをしてしまった。
それから時々私はこっそりとここを訪

更新日 2017年12月27日

本日 0pv

合計 121pv



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



出典 xcity.jp



 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



話題まとめHOT

Quttoとは? ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサービス | Qutto(キュット) All Rights Reserved.