まんが王国 エロまんがまとめてみた

定番人気作品から隠れた名作、ちょっとHな恋愛ストーリーや禁断のボーイズラブまで、
日本最大級の配信数を誇るスマートフォンコミックサイト!! 興味がつきない
えろまんが王国をタイムリーにまとめてみました!^^ お楽しみください

更新日 2015年05月19日

本日 2pv

合計 4188pv



  出典 qutto.net

さーて、そろそろいただくかねえ~。しぃタンのお・ま・ん・こ♡

覚醒したしぃの裸体の神々しさといったら・・・。
そんなしぃに王様、なんだかんだ言っても生でハメて膣に発射してますからね・・・勝ち組ですね。うらやましいやっちゃ。
絵が可愛くて気に入ったのでいちこ先生の他の作品も読んでみたいものです。

いよいよ最終話です。
http://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=mtdfz57n&acode=zrwpwaw5ngms&itemid=0
エロシーンもクライマックスにふさわしい充実ぶり(主にしぃの美乳)

最後の最後までツッコミ入れながら楽しくヌケる作品でした。
覚醒したしぃの裸体の神々しさといったら・・・。
そんなしぃに王様、なんだかんだ言っても生でハメて膣に発射してますからね・・・勝ち組ですね。うらやましいやっちゃ。


  出典 qutto.net

ひゃあっ!乳首が熱いっ!?

もう・・・まだするの?王様のところに行かなくちゃなのに・・・

突然現れたバニーガールの集団が立っていました。
http://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=eul5pxhh&acode=8vgbhc3eudqq&itemid=0
「もう・・・まだするの?王様のところに行かなくちゃなのに・・・」 まるで収まることを知らないカカシたちの性欲に付き合わされるしぃ。 その時、見知らぬ女の声が・・・。 「心配しないで、王様のところになら私達が連れて行ってあげますわ」 見ると、突然現れたバニーガールの集団が立っていました。 リーダー格のバニー(黒兎)が、しぃの髪を掴んで言います。 「あなたが土路しぃ・・・ですわね!」 そして、呆然とするカカシたちに「この女はうさぎ部隊が王様に捧げるためにいただきますわ」と言い放ち、連れ去る・・・かと思いきや、謎の媚薬を取り出して、しぃの乳首に塗り始める黒バニー。 「王様はスッゴイですから下準備ですわ!ま、凄く気持よくてもイクことができないお薬ですけど」 何がしたいのかよくわかりませんが、しぃは健気に答えます。 「そんなの・・・負けないモン・・・!」 しかし・・・しぃの身体に異変が!? 「ひゃあっ!乳首が熱いっ!?」 おっぱい丸出しで感じ始めるしぃをライオンたちが心配そうに(しかしエロい目で)見守っています。 「らいじょうぶらもん・・・んひぃ・・・おっぱいらめ・・・」 さらに黒バニーは「お気に召したようですわね!大事なところにもたーっぷりあげちゃいますのよ!」としぃの股を開かせて、まんこにヌル・・・と薬を塗りつけました。 「うあーっ!だめーっ!おかひくなるっ」ビクッ・・・ぷしゃぁぁあああ・・・ しぃはお漏らしして気絶してしまいました。 「あらあら・・・お前たち、運んでしまいなさい!」 部下のバニーたちに命令する黒バニーでしたが、返事がありません・・・。 振り向くと、なんと、しぃの痴態を見て興奮したカカシとブリキが、バニーガールたちをレイプしているではありませんか! 「ああー!黒兎様ーっ!」 「ダメえー!こいつらおかしいです・・・!」 呆れる黒バニー。 「なっ・・・!どうなってますの!?ま・・・まさか、陵辱スイッチごときに私たちが・・・!」 その時、黒バニーの背後にライオンさんが・・・ 「キャアッ!」 黒バニーの服をバッと剥ぎ取り、オッパイを丸出しにするライオンさん。 「さて、さっきのお薬ちょっと分けてもらおうかしらー」 そう言って大量の薬を黒バニーの乳房に塗りたくります。 さすがの黒バニーも慌て始めます。 「こらっ!馬鹿ですの!?そんな山ほど・・・っ!あひゃあ!胸がッ!!」 さらにマンコにも薬を塗りたくられ、乳首ビンビンで感じ出す黒バニーさん。 「もう我慢できないでしょ・・・」 そう言うと、ライオンはチンポをヌッ・・・と黒バニーのマンコに押し当てました。 「ほーら、欲しいならちゃんとおねだりなさい!」 もはや快感に逆らえない黒バニーは涙目でおねだりします。 「おちんちん・・・いれてくださいまし・・・!!」 ・・・というわけで中出し大乱交が行われた後、ようやく目を覚ましたしぃ。 王様のところへ行く方法も、カカシがバニーから聞き出したようです。 「こ、ここのワープでいくんだな・・・!」 野原になにやら光る魔法陣のようなものが描かれています。 「なにそれ便利!すぐいけるのね!いきましょう!」 喜ぶしぃ。 しかし、そんなしぃ達の様子を見ながら、ほくそ笑む黒バニー。 (ふふ!かかりましたわね、バカ4匹!)

カカシたち、GJでした。
なんというかもう、性への勢いが凄い・・・エロい女を見たら即勃起!即挿入!の清々しさです。
黒バニーさんの、偉そうなのにちょっと間抜けなセリフがまたたまらん!
エロい格好させて恥ずかしい目に合わせてやりたくなります。
「こらっ、馬鹿ですの!?」とか最高!


  出典 qutto.net

「うあーっ!だめーっ!おかひくなるっ」ビクッ・・・ぷしゃぁぁあああ・・・

なんというかもう、性への勢いが凄い・・・エロい女を見たら即勃起!即挿入!って

カカシに処女を無理やり奪われてしまった女子高生「しぃ」
http://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=eul5pxhh&acode=8vgbhc3eudqq&itemid=0
カカシに処女を無理やり奪われてしまった女子高生「しぃ」。 そこへ現れた無駄にデカいブリキ野郎。 どうやらカカシの知り合いのようです。 カカシが言いました。 「お・王様のこと知りたいならブリキを・ま・満足させろ」 「そんなあ!」と嘆いてる暇もなく、しぃはブリキに抱え上げられ、小屋の中に連れ込まれてしまいました。 しぃを降ろしたブリキは、「よおし!俺・・・フェラが好き!!」と叫んだかと思えばいきなりしぃの口にチンポを突っ込みました。 ブリキのチンポはブリキ(英語で「Tin」)だけに、言うなればティンポです。 巻ネジのような螺旋状のぎざぎざが付いており、こんなのマンコに挿れられたらさぞかし刺激が・・・。 と怯えてる暇もなく、口からティンポを抜いたブリキは、しぃを四つんばいにさせて「ハメる!」と叫び、バックからズン!とぶち込みました。 さらに、ブリキの背中にある謎のスイッチがONに。 「ファックシマス」と宣言したかと思うと、激しくマンコを突きまくる陵辱モード発動。 羨ましそうに見ているカカシに「カカシ後ろヲ使え!」と命令! 「やだやだやだムリーッ!」 嫌がるしぃの可愛いお尻の穴にカカシのチンポが、ぐ・ぐ・・ぐりっ・・と突き刺さります。 2穴責めで徹底的に犯され、イカされてしまうしぃ。 カカシとブリキも、しぃの可愛くてエロい体が気に入ったようで、「家に帰すのはもったいないな」などと言い始めました。 どうなる、しぃ!? その時・・・! 「わん!」 窓を破って入ってきたのは愛犬のトトでした! 「ななな・・・なんだあ!」 「犬苦手・・・イヌ・・・コワイ・・・」 犬に怯え始めるブリキとカカシ。 「わん!」 トトがもう一吠えすると、「ひ、ひい!」と言って二人は逃げ出してしまいました。 これで一安心、と思いきや・・・また新たなお客様が・・・。 「楽しそうなことしてるじゃなーい・・・」 おネエ言葉で登場したのは、なんとライオン(ただし二足歩行)! さすがのトトも、百獣の王には敵うはずもなく、ささっと逃げ隠れてしまいました。 「これでアンタはアタシの獲物ね」 ニヤリと笑うライオンおネエ。 「ふええ・・・」

相変わらず「しぃ」がじたばた抵抗やりながらハメられてしまうけれども惹きつけられるですね。ブリキはデカいことに加えに頭が弱そうで、最も何するか理解していない怖いやつですね。ティンポの形状は完璧にに陵辱用アダルトグッズの趣きで、これまた射精した場合何が出るんだと思いますか・・・もの凄く体に悪そうなものが出らしいですね。変なオイルあるいは。石油的な。しぃの体が危険です。


  出典 qutto.net

陵辱スイッチがはいったらみーんな犯しまくっちゃうんだから~

「お・おれもきもちいい・・!」
「みんな一緒に・・・イクっ!」
一回ヤレば打ち解けると言いますもんね・・・4人は快感を共にすることですっかり仲良くなった模様。

「この国の人たちは陵辱スイッチがはいったらみーんな犯しまくっちゃうんだから~」

・・・リョウジョクスイッチ?とは!?

陵辱スイッチとは・・・。
http://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=eul5pxhh&acode=8vgbhc3eudqq&itemid=0
「国民みんな背中にあるでしょう?あのスイッチが入るとみんな理性を忘れて陵辱しまくるのよ!」 誰が何のためにこんなスイッチを・・・完全に意味がわかりませんが、面白いからいいんです(笑)。 (だからみんな急におかしくなったのね!カカシさんもブリキさんもライオンさんも背中に変なのあったっ・・・!) 納得するしぃ。 その頃・・・王様の宮殿では、ネコ耳美少女(巨乳)とウサ耳美少女(巨乳)をはべらせた王様(見た目はただのでぶったキモオタ)が、魔法の水晶玉でしぃたちの様子を伺っていました。 「土路しぃといったか・・・こういう娘はけしからんというか、も、も、も、もももももも・・・・萌えー!!」 王様が絶叫しました。 バサバサと宮殿から鳥が羽ばたいていきます(謎の演出)。 夜が明け、一晩中ヤリまくったしぃたちでしたが、いよいよ王様の元へ向かう準備をします。 「みんなついてきてくれるの!?うれしいっ!じゃあ・・・オズの王様のところまでしゅっぱーつ!」 そう言ってしぃを先頭に歩き出す4人。 しぃのむっちりと丸いお尻を眺めながらカカシたちがつぶやいています。 「こ、この身体・・・中毒性がたかい・・・ど、どの穴も良い・・・!」 「ほんとにね・・もうちょっと一緒にいてやっても良いわ・・・」 昨夜のことを思い出してボッキしてしまうブリキ。 「もう・・・またなの?しょうがないなぁ・・・」と言いながら、まんこを差し出すしぃにブリキが勢い良くティンポを挿入します。 「はげしくはだめえ!おしっこが・・・」 しぃがそう言うと、変態カカシが反応! 「お・お・おしっこ!?おしっこで俺をぬらしてくレ・・・!」そう言ってしぃの股間に顔を埋めるカカシ。 じょ・・・じょわわわ~ 「もぉお・・・変態だよぉお・・・!」 なんだかんだで楽しそうに乱交に明け暮れる4人の様子を、王様が魔法の水晶玉を使って見ています。 「しいタン・・・!」 そして王様は家来を集めて言いました。 「いいかお前ら!この小娘をつかまえてくるのだ!」

こんなキモい王様にカワイイしぃのまんこを使わせてなるものですか!!! カカシとブリキとライオンには立ち向かってしぃを守ってほしい部分です。服を着てても変遷にエロい、しぃのむっちむっちな体格は実質に間違いのないですね。あと、「驚きの新真実」的にアピールされた「陵辱スイッチ」でしょうが、話の進行自体にはほとんどまったくもって趣旨を成してないところも最高!


  出典 qutto.net

じゃあイタダキましょうかね

・・・抵抗する間もなくバックから無理やり突っ込まれてしまいました。
「なかなかいいアナね・・・!やっぱり大自然の中のエッチはいいわね!」

OZ エッチな魔法使い 第3話「Lion-Cook」のあらすじ
http://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=mtdfz57n&acode=zrwpwaw5ngms&itemid=0
とうとうカカシに犯されてしまう・・・ 「じゃあイタダキましょうかね」 ライオンおネエがしぃに迫ります。 「無理ィ!そんなのはいんな・・・」 ズ! ・・・抵抗する間もなくバックから無理やり突っ込まれてしまいました。 「なかなかいいアナね・・・!やっぱり大自然の中のエッチはいいわね!」 気持ちよさそうに吠えるライオンおネエ。 さっきから何やら視線を感じる・・・と思って振り向くと、木の影からブリキ野郎とカカシが羨ましそうに見ているではありませんか! 「あんたらも参加してもいいのよ~」とライオン。 「お・お・おじゃましちゃおうかな・・・!」「おれのもしゃぶって欲しいぞ」そんなわけで4Pに突入! (なんかもういいやぁ・・・きもちいいし・・・!) もはや気持ちよさに負けて抵抗する気も失ったしぃ。 「ずぼずぼきもちいいの!きもちいいよぉ!」 青空の下で絶頂を迎えるしぃ。 「おまえっ!名前はなんていうんだ!」 「土路しぃです!もっとしぃをめちゃめちゃにしてっ!」 ・・・ドロシィか(笑)把握! 上と下、3つの穴にちんぽを挿入されてあえぎまくしぃ。 「お・おれもきもちいい・・!」 「みんな一緒に・・・イクっ!」 一回ヤレば打ち解けると言いますもんね・・・4人は快感を共にすることですっかり仲良くなった模様。 「この国の人たちは陵辱スイッチがはいったらみーんな犯しまくっちゃうんだから~」 ・・・リョウジョクスイッチ?とは!?

このエロ漫画ならではの適当すぎるネーミング最高ですね(褒めてます)。
ストーリーも、もはやセックスしてればなんでもありな感じに突入しつつあります。
もうちょっと合体部分の修正甘ければいいんだけどな・・・。
なにはともあれ、しぃの流されるがままにマンコ使われてしまう「アホの子」感、推せます。

成年コミック-えろまんが-無料視聴 キュアリープリンセス 正義の心を悪堕ち洗脳 http://t.co/zkRxqYDAtn #エロ #まんが

Tue, 19 May 2015 06:30:01 +0900

  出典 qutto.net

エッチな魔法使い 第1話「Scarecrow-Rape」のあらすじ

女子高生「しぃ」はちょっと天然入ったカワイイ女の子です。かなり立派なおっぱいをしています。愛犬のトトを散歩に連れて行こうと、しゃがんでトトを呼んだところ・・・しぃの股間を目掛けてトトまっしぐら!むっちりとした太ももの間のぷっくりとした部分をぺろぺろと舐め始めました。けしからん犬ですね!しかし・・・しぃも負けじといやらしい子で「トト上手・・・っ」とか言いながらイメージしているではありませんか! その時、いきなり竜巻のような風が吹き荒れ、しぃは吹き飛ばされてしまいました。 気絶してしまった「しぃ」。目覚めると、そこはなにやら見知らぬ農村のような場所でした。あたふたやっていると、イカれた目をやった謎のわら人形みたいなやつがおしゃべりしかけてきます。 「お・お前・・・こ・この世界のヒトじゃないな・・・ど・ど・どうしたんだい?私はカカシ・・こ・ここはOZ・・魔法の国だ」 しぃは回答ます。 「あのう・・・わたしお家に帰りたいんですけど・・・帰り道とかご存知ですか?」 するとカカシは言いました。 「し・知ってるよ!まずはス・ス・ス・スカートをめくってごらん」 「ふぇぇぇぇ」と言いながらもしょうがなくカカシの言うとおりにするしぃ。なかなか可愛いパンツをはいています。するとカカシは、しぃの股間を眺めて言いました。 「お・お前処女だろ!」 カカシによると、この国の王様に会えば何でも知ってるので帰り道がわかる。しかし王様は青臭いニオイが大嫌いとされ、処女は会わせられない、とのこと。それがあるので今ここで処女を卒業させてやるのでヤラせろ、というわけですね。 なるほど納得の理論・・・じゃなくて無茶苦茶なので、しぃもさすがに抵抗します。「やだあ!」とカカシを突き飛ばしたものの・・・それで勢いづいたカカシはとっくにフルボッキ外観の肉棒(肉じゃないかも←カカシだし)を取り出し「がががが・・我慢できないん・・・だっ」と、しぃに襲いかかります。あっという間に丸裸にされ、逃げようとするところを後ろから押さえつけて無理やり・・・グププっ・・・と挿入!痛がるしぃに構わずヌチッ・・ヌチッ・・とまだキツキツのおまんこの奥まで貫いてしまいました。 湿りが足りないと思ったカカシは「ま・まめとかどうかな・・」と、しぃのクリトリスをギュゥゥゥーッとつまんだところ・・・ああああああとお漏らししてしまうしぃ・・・。興奮したカカシは激しいピストンを繰り返し、最後は当然中出しです!カカシのくせに・・・一体何が出るんでしょうね? ともかく満足した様子のカカシ。これで王様に会わせてもらえる・・・と思ったしぃでしたが、そこにまた変なヤツが現れます。 無駄にデカいブリキ人形・・・その股間にはこれまた奇妙でロボチックなペニスが・・・すでにフルボッキ状態で勃っているではありませんか。 わたし・・・どうなっちゃうの!? 見どころとおすすめポイント しぃがあほっぽくて可愛いですね。「ふぇぇぇ」とか「ほへ!?」とかセリフがまたあほっぽさ全開で簡単にヤラれてしまう感じがたまりません。おっぱいはかなり素晴らしいものを持っています。しかしカカシくんはあまりおっぱいには関心がない様子でしたので、おっぱい責めは次回に期待しましょう。

OZ エッチな魔法使い 第1話あらすじ
http://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=mtdfz57n&acode=zrwpwaw5ngms&itemid=0
ちょっと天然入った女子校生「しぃ」が迷い込んだのは魔法使いの国。 願いを叶えるために仲間を集めて旅をする・・・のかと思ったら、登場するのはどいつもこいつもエロいやつばかりで、みんな「しぃ」のまんこにしか興味がない様子。 ここはエロい王様が支配するエロ魔法の世界だったのです。 出てくるキャラもストーリーもなんだか「オズの魔法使い」に似ている気がしますが、決して子供は読んではいけない大人のためのファンタジーです(とか言うとなんかいい感じですがエロ漫画ですので)。 いちこ先生による、ぷにぷにむっちり系の可愛い絵柄も魅力的です

むっちり感がwww うっつ たまらん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



    話題まとめHOT

    Quttoとは? ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


    Copyright(c)情報まとめサービス | Qutto(キュット) All Rights Reserved.