それぞれの場合使用したレーザーポインターの射程

用途別レーザーポインターの射程を紹介します。

更新日 2016年11月25日

本日 2pv

合計 268pv


1)レーザーポインター 授業として使う場合

肉眼の分解能が 0.3mrad 程度なので、それより絞っても視認性は向上しない。

ある程度スポットが大きい方が確認も容易なので、せいぜい 0.5mrad まで絞れば充分。

ビームの太さ1~2ミリで、広がり角 0.5~1mrad でいいだろう。これは多くのレーザーポインターが既にそうなっている。

20mwグリーンレーザーポインター キラキラ満天の星
https://www.focusreza.com/product-es002.html
2in1星キャップ付きレーザーポインター、綺麗な星図案と明るいレーザー光線、指示として、演出として、猫遊びとしても大満足!

WindowsとPowerPointでプレゼンテーションを行うのが定番ではないでしょうか。

グリーンレーザーポインターを使ってプレゼンテーションの流れがスムースになります。

授業にも役たつ!先生は教室のいずれコーナーもレーザーポインターで黒板を指せます。


  出典 www.focusreza.com

プレゼン発表の小道具、緑レーザーポインター

2)BB戦車の照準に使う場合

一見すると1)と同じだが微妙に違う。 1)ではレーザー射出位置と視点はほぼ同じである。

しかし2)では異なるのが普通だ。射程よりかなり離れた位置から照射点を眺める可能性も高い。

このため、ビーム広がり角よりも見掛けのスポットが小さいのも普通。つまり、余りビームを絞る必要はない。

その分、レーザーの明るさには余裕が必要。

星を指す 超明るいレーザーポインター グリーンん 最大2000m射程
https://www.focusreza.com/product-ws008.html
星を指す専用グリーンレーザーポインター!便利な調焦機能、高容量電池使用、8000時間以上の長い寿命、電路保護、放熱改善装置内蔵。

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連まとめ



    話題まとめHOT

    Quttoとは? ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


    Copyright(c)情報まとめサービス | Qutto(キュット) All Rights Reserved.